ケータイ小説 野いちご

3人は学校の人気者



「とにかく、山炭には気をつけてね?鳴海ちゃん」


零くんに言われて、私は頷いた。


山炭くんに気をつければいいんだよね。


「危なっかしくて見てらんねー」


瑠衣くんの声を耳にしながら、私は明日山炭くんに近づかないようにするにはどうしたらいいのか考えていた。




< 90/ 121 >