ケータイ小説 野いちご



「ちょ…榊原くん!!」

気づいたら彼の腕のなか。

「よろしくね。中原さん」


夢であってほしい。
親が離婚したなんて

でも…

榊原くんのことは
夢であってほしくない…。

< 18/ 19 >