ケータイ小説 野いちご

3人は学校の人気者



「お前少しの間俺たちの女になれ」


女!?


そんなのできるわけないよ…。

「瑠衣くん、私そんなのできないよ…」


「俺に逆らうのは許さねーから」


命令ですか…。


「そんなことしたら私男たらしって思われちゃうよ…」


「ンなの今関係ねーだろ、どうせ俺たちとしか関わらねえんだし」


「そう…だけど…」


「じゃあ、決まりだね!行こ!!」




< 61/ 121 >