ケータイ小説 野いちご

阿弥陀仏の呪い

1、南無阿弥陀仏

今からするお話は、すべて私が実際に体験した出来事です。

あの時、なぜ私たちはあんな軽率なことをしてしまったのでしょうか。

後悔してもしきれません――。


あの日の夜。

私たちはほんの遊び心で、

興味本位で――、

決して開けてはならない扉を、


開いてしまったのです――。




< 1/ 47 >