ケータイ小説 野いちご

闇ノ雫

序章 -遠い昔の記憶-
かつての夢



──
───
────

《山崎烝 五歳》







その日──……。





「烝。お前は山崎家の跡取りだ」





そう父上に言われ、僕の心臓が跳ね上がった。


……僕の父上は、忍だ。


父上が誰かと戦っているのは一度も見た事がない。


だけど、たまに、家の庭で“苦無”と言う黒くて鋭い武器を投げて、特訓している。


忍装束を着て、苦無を持って。


それを的に命中させる……。


そんな父上を、素直にかっこいいと思った。





< 3/ 143 >