ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

闇ノ雫

序章 -遠い昔の記憶-
守りたいモノ



──
───
────



「……ねぇ烝君?隠れんぼしよう?」





その後、俺は両親の目を盗んで、小松家へと足を踏み入れた。


気になっていたんだ……泣いていないか。


もう、泣いてほしくないと、もしも泣いていたのならその涙を自分の手で止めたいと、子供ながらも思っていた。


女の子は、“芳乃”と名乗った。


芳乃は、最初こそは俺に怯えていたが、次第に笑顔を見せるようになっていった。


だが、服はぼろぼろで、顔色も悪く、食料などないことが瞬時に分かる。


だから、家からこっそり持ち出した握り飯や団子を、俺は芳乃にあげた。


芳乃は何でも、美味しい美味しいと言って食べてくれて、見ているこっちまでが幸せになってきた。


それなら、もっと芳乃のために、何かしてあげたい。


もしも俺が強くなるのなら、それは芳乃のためだ……と、次第にそう思うようになっていった。





「あぁ……いいよ」


「やったぁ!じゃあ私が鬼ね~」





芳乃は無邪気な笑顔を浮かべて、たたたっと駆けて行くと、影の中にしゃがみ込み数を数え始めた。





< 16/ 143 >