ケータイ小説 野いちご

「秘密」優しい帰り道【完】

●私の秘密
 文化祭






次の日も、次の日も、


本当にずっと凪くんは一緒に帰ってくれた。


いつも笑吉屋のベンチに座っていて、


私が近づくと、顔を見上げて優しく笑って、



ゆっくりと土手を歩いて、橋のところで別れた。





文化祭前日は、ベンチにひとりで座っていて、


そっと近づくと、下を向いて苦しそうに目をぎゅっと閉じていたから、



びっくりしてベンチの脇にしゃがみ込んだ。



「凪くん?」



名前を呼んで腕を掴むと、凪くんは驚いたように目を開けた。




「くるみ」


凪くんは、いつものようにかわいく目を細めた。



「どうしたんですか?具合悪い?何かあった?」



「ははっ、なんにもないよ」



「ほんとに?」



凪くんはバッグを肩にかけてゆっくりと立ち上がった。



「俺、ちょっと寝てたのかも」



凪くんは笑って、いつものように私の手を繋いで、川の方へと歩き出した。


土手を歩いている時もいつもと同じで、


やっぱりただ、寝ていただけなのかなって思ったけど、


でも、あの苦しそうな表情......




橋のところに着いて、凪くんは手を離した。



「明日、文化祭行きます。2-1ですよね」



「うん。おいで。待ってるから」



「はい」



「じゃあな」


凪くんは向きを変えてまた土手を歩きだした。





いつもと同じ、


何も変わらない、いつもの凪くんだった。



気にしすぎかな......



後ろ姿を見つめて、大丈夫だよねって、



ずっと心の中で言い続けていた。








< 41/ 123 >