ケータイ小説 野いちご

「秘密」優しい帰り道【完】

●私の秘密
 緊張






「あの、本当に大丈夫なんですか?



凪さんの隣に行き、下から顔を覗き込んだ。



「何が?」



ゆっくりと歩きながら、凪さんが首を傾げた。


「だってなんかさっき......送るのかって.......」




川の手前のT字路で立ち止まると、凪さんがこっちを向いた。



「俺が送りたいんだから、くるみは何も気にしなくていい。


わかったな」



そう言って隣りから私の頭にぽんと手をのせると、川の方へと歩き出した。



そして凪さんは、

いつも私が通る古い石段ではなく、スロープの方から土手へと上がり、


そこからぐるっと景色を見渡した。




「どっち?」



「あ......こっちです」




家の方向を指差すと、凪さんはゆっくりと歩き出した。


川側を歩く凪さんを、隣りからちらっと見上げた。


160㎝の私よりもずっと背が高くて、


ふわふわっと盛られた黒髪は、

耳周りと襟足はすっきりしていて、

爽やかな凪さんらしいと思った。



少し俯いている凪さんの横顔は、


鼻が高くて、

前髪が……




「ん?」




ちらっと盗み見しているつもりが、

いつの間にかじっと見惚れてしまっていて、


突然凪さんの大きな瞳がこっちを向いてびっくりしてしまった。




















< 19/ 123 >