ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

やばい、可愛すぎ。

学園祭がやってきた


そのあと、付き合ったことをミナセクンに伝えると、


「ったくこんなことすんのこれで最後だから」

と睨みつけられ、

高梨に伝えると、


「えっオマエらまだ付き合ってなかったの?」

と驚かれた。


ゆりに関しては、しばらく俺のアホな勘違いがツボに入ったらしく、

家ですれ違うたびに無表情で歩くものの、肩が震えていたりしていたけれど。


そして、期末テスト、ゆりとミナセクンの尽力あって、高梨は赤点追試免れて、平均点50点と人生最高得点を更新したと、教室に言いまわっていた。


ゆりは、あれだけ人の勉強を手伝っておきながら、2位であるミナセクンと50以上の差をつけて、ぶっちぎりの1位。


喜びよりも安心といった感じで、期末テストは幕を閉じた。




そして───7月の中間、学校は学園祭モードに切り替わっていた。








< 456/ 514 >