ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

やばい、可愛すぎ。

冷たい君が付いた嘘


次の日。

ちりりり、と目覚ましの音に私は目を覚ました。


ぼっーと薄く目を開けると、目の前には翔太がすやすや安心した顔で寝ているのが見える。


「ふふ、おはよ翔太」


起さないように、翔太の鼻をつついて微笑んだ後、

私はベットから降りて、部屋のドアを開ける───



「……ふぁああああ」


いきなり横から眠そうにあくびをする声に、私は思わずばっと顔を上げた。


そこには髪がところどころはねたまま、背伸びをしている皐月くん。


「あ、はよゆり」


私を見るなり、皐月くんは何でもないとでも言うように、さらりと言ってのける。


……皐月くんは卑怯だ。私は、こんなことでも、息が詰まって恥ずかしくなるのに。





< 202/ 514 >