ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

やばい、可愛すぎ。

ほんと、可愛すぎて困る


……怒ってるよな。


……白井のやつ。



ぼーっとした頭のまま、俺は隣でぺちゃくちゃ話す高梨の話など、

目もくれず、ただただ天井を見上げていた。



昨日、石鹸をぶん投げられた俺の頬には、大きな絆創膏が張られている。


それをみた高梨は第一声に、誰かフラれたの?と無神経にも聞いてきたので、

妙にそのあほ面がムカついて、一発はたいてやった。



「なぁあー聞いてるーサツキー」


「聞いてない」


「ばっちり聞いてんじゃんっ」



隣から話しかけてくる声もウザったくて、俺は手に持ったウーロン茶をずぞぞっと一気に吸い上げて、無視。






< 136/ 514 >