ケータイ小説 野いちご

忍魂〜夜桜が散る夜に〜

バカじゃないの?




━━━━━━━━━━━━━━━━━



それから私は沖田さんと相部屋になった。



昨日、女中の仕事が長引いて
寝るのは夜中だった。



みんな寝静まっていて
静かに沖田さんの部屋に向かった。




布団が敷いてあったが
私は部屋の隅に座って寝た。



そして今日。



まだみんなが起きる前に
私は起きた。



『え…?』



気付くと私の肩に羽織がかけられていた。



沖田さんのだね。




『……バーカ。』



ボソッと呟いて部屋を出た。













< 33/ 309 >