ケータイ小説 野いちご

祠の鬼

真実を識った者、嘆く者(執筆)

人は認めたくない真実を突きつけられた時、どうするのか。



真実はいつも残酷で、逃げる場所がない。




< 75/ 84 >