ケータイ小説 野いちご

【完】❤️冷たいカレが甘くなる*

◇*それから一年後





ーそれから一年後ー






『たくと、いってらっしゃい。バイト終わったら連絡してね?』



「今日はバイト休みで授業受けたらそっこー家帰れるから♪」


ニコッと笑いゆめの頭をポンポンとすると
照れたのか顔を赤く染めていた。


「んじゃ、行ってくるな。ゆめ、湊。


ほら、ゆめ。チューして?」



チュッ
『拓斗、浮気してきちゃやだよ?』



「当たり前。俺はゆめしか興味ねえし。」


ゆめの耳元でそう呟いたあと2人にキスをして家を出た。






< 27/ 30 >