ケータイ小説 野いちご

【完】❤️冷たいカレが甘くなる*

◇*イライラな彼と私
◇*不機嫌な彼







ゆめ『もぉ、たくと今日変だよ?ふぇっ、キャッ!』




俺はゆめをベッドに押し倒して顔を近づけた。



ゆめ『た、たくと?もしかして待ち合わせ場所間違えたこと今も怒ってる?』




ゆめは、泣きそうなのか目をうるうるさせて見つめてきた。




< 19/ 30 >