ケータイ小説 野いちご

レンタル彼氏【完全版】

契約破棄

翌日の私もまあ酷かった。


「い、泉」


「………………」


どす黒いオーラをぷんぷん放つ私に、和も少したじろぎ気味だ。


「き、昨日外食どこ行ったの?!」


明るいテンションで聞いてきた和。
和が何か明るい話題を出そうと気を遣ってくれたのは凄くわかる。


だけどね。
今の私には禁句だ。



「……………ふふ」


「い、い、泉っ?」


「和、保健室で寝るよ…具合悪い」


「大丈夫っ?泉、顔色悪すぎだし…」


「へーき、少し寝たらよくなる。先生に言っといて」


「あ、それは任せて」


なるべく笑顔を造りながら私は教室を出て保健室へと向かった。





あれから。



やっぱり何も連絡がなかった。

< 85/ 813 >