ケータイ小説 野いちご

レンタル彼氏【完全版】

残酷なxxx


―――――――――――――――――――――――


その震える瞳が



私を求めているような
気がしたの。





自惚れだって





嘲笑ってくれてもいいよ。




でも、そう思ったから。




伊織の瞳が


そう言ってたから。




―――――――――――――――――――――――

< 55/ 813 >