ケータイ小説 野いちご

笑顔を忘れた天使【完】

第3章 逃げられない
ひなの過去



「じゃあ どうしたの?」



「俺に話せることだったら言ってよ…」


なんでそんなに優しいの?


「優しくしないでください」


声が  震える





「優しくなんかねぇよ」


ほら  また


「俺がこのままじゃ嫌なんだよ…」


強い口調に変わる




< 93/ 423 >