ケータイ小説 野いちご

君のお守りを片手に…

第1章


~帰り道~





「お疲れ様でした。」




いつも通り、17時に吹奏楽部が終わり暗くて寒い12月。


私は一人、帰る途中背中から激痛がはしった。



「いったーい!!」



涙目になりながら後ろを振り向くと、そこには幼なじみの蓮が笑っていた。



「なにすんのよ!!」



「ごめん、ごめん!一人で寂しそうだったから一緒に帰ろうかなって!」



…蓮はいつもこんな感じだ。




雪村 蓮。(ゆきむら れん)

私と同じ中学2年生のバスケ部。

そして幼なじみ。


…あと、世で言うイケメン。




私は黒澤 奈央。(くろさわ なお)

ごくごく普通の女子中学生。

部活は吹奏楽部でフルート兼ピッコロって言う楽器を吹いている。


人より違うことと言えば、極度の甘党で、普通のショートケーキにチョコレートを乗せたりして甘くしている。



「…だからって背中叩くな!!」



「だーからごめんって!」



「ココア買ってくれたら許す。」



「はいはい。」



蓮は笑いながら、途中に自動販売機を見つけたため、温かいココアを買ってくれた。



< 1/ 2 >