ケータイ小説 野いちご

交流ノート〜ご意見あればどうぞ〜

描写

小説はその大部分が文字での描写となります。
挿絵等が入っている小説もありますが、皆様さんがご存知の様にオマケ程度。
セリフの他に、心も舞台も動作も文章で表現しなければなりません。
文章の集まりがストーリーであり、作品となるわけです。

蛇足ですが、挿絵は学者の研究発表に付いていた解説図や文章主体の図鑑が元になっているらしい。
そう考えると、小説の挿絵も大きな存在の様な気がするのは私だけでしょうか。

< 9/ 12 >