ケータイ小説 野いちご

それでも出会えてよかったと思えるんだ

第1章
木葉と佑樹

『で、はるといつ結婚するの?』



『いつって、決まってない』



『だって、もう何年よ』



『結婚しても、別れることもあるしぃー』




『いたたっ、お互いふれてはいけない話やめよう、悪かった』




木葉は、佑樹と大学を卒業してすぐ、結婚した



でも、一年ともたず、離婚した




原因は、木葉の浮気




浮気といっても、木葉は本気だった




相手も結婚していた



浮気がばれて、相手は奥さんに許してもらい、奥さんのもとに戻っていった



最初から、相手は奥さんとは別れるつもりがなかったのかもしれない




木葉は、佑樹を裏切った自分が許せなくて、佑樹との別れを選んだ



佑樹も、木葉が許せなかったと思うけど、佑樹は、別れたくなかったんじゃないかな



でも、木葉は、裏切ったことは、事実だからと、許してくれなくていいと、佑樹から離れた



でも、佑樹と別れて木葉は、佑樹の大きさを実感してたけど、自業自得だからって、佑樹のもとに戻ることはなかった



木葉は、"もう結婚はしない、私にはむいてないから"って、夜の道を選び、疲れた心の男達の相手をしている

< 5/ 142 >