ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ちょっと変わった白雪姫

天然鈍感な姫
小人side


小「けっこう切たなー。そろそろ
  帰ろうか!」


小人s《うん!(あぁ!)》


小人たちは木を切るのをやめ家に


帰りはじめました。


しばらく歩いて家についました。


小人s《ただいま~!!》


しかし返事がありません。


小「白雪姫?っ!?白雪姫!?」


一人の小人が白雪姫が倒れていることに


気づきました。


けれども時すでに遅し。


白雪姫は息をしていませんでした。


小人は涙を流しはじめました。


そんなときふと、後ろに気配を感じました。


小「あなたはっ!」

< 19/ 27 >