ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ちょっと変わった白雪姫

天然鈍感な姫
白雪姫side


白『はぁ。やっと帰ったてくれたわ。
 しつこいんだから。よしっ、続きを
 しましょっと!』


そう言って次は洗濯物を干し始めようと


しました。


白『あら?さっきの人リンゴ、おいて
  いったのね。ただでくれるならそう
  いってくれればいいのに。
  まったく、もう!』


白雪姫は毒リンゴだと知らずそれを


家の中にいれてしまいました。


< 16/ 27 >