ケータイ小説 野いちご

ダメな私を愛してくれて

第1章
現実




「ちっ!まじきもいんだけど」


「視界にはいってくんなって」


「あいつ見るだけで吐き気する」




はぁーまた始まった。

私は白井稟。今は高校一年生。私の今の見た目ってキモイんだろうなって自分でもわかってる。だってもう何もかもがめんどくさいから。きれいにする理由は私には不必要だから。


髪の毛はロングでずっと切ってないから伸びっぱなし、このつりあがった睨んでるような目。最悪な私。



そして今私はクラスの一部の女子からイジメを受けている。







< 1/ 132 >