ケータイ小説 野いちご

ひみつのルームメイト

Episode2
×脱衣所






「……うわっ、やべぇ」





その日の夜。


あたしが黙々と服を選んでいたら、浴室からなんか不吉な声が聞こえてきた。




「洸ー? どーかした?」


今まで静かだったから、なんとなく心配になって、脱衣所のドアをノックする。



「あーアズ……ちょっと助けて」


「え、いや助けてって……遠距離でしか援護できませんけど」



いくら普段あんなに可愛くても、洸は男。


さすがにこれ以上は踏み込めない。




「やっべぇー……コンタクト落とした。何も見えねェ」


「はぁ? コンタクトォ?」



思ったより重大じゃなくて、少し安心。


< 107/ 340 >