ケータイ小説 野いちご

特命24時 〜恋の秘密を暴きます!?〜【短編】

恋の秘密を暴きます!?


朝6時半前。


あたしは自宅の門扉にへばりつくようにして、隣家を見張っていた。



1月の冷気が目にしみる。


いつもならまだ夢の中だっていうのに、どうしてこんなことしなきゃいけないんだろう。



思わずため息が漏れる。



と、その時、

「行ってきます」と男の声がした。



きた、望(のぞむ)だ!




門扉からそうっと顔を出すと、隣の家、櫻井(さくらい)家の前に見慣れた男の姿が見えた。


うちの高校の制服である黒の学ランにモッズコートを羽織り、右肩に白と青のスポーツバッグを背負っている。



望は学校へと、背を向けて歩き出す。


見つからないようにそのあとを付けようと、一歩踏み出そうとした。


しかし、後ろから話しかけられた言葉に、その場に縫いとめられてしまう。



「真央(まお)、何してるの」


< 1/ 29 >