ケータイ小説 野いちご

クリスタル

誘い
初めての… 【梓目線】

授業が全部終わって、私と燐は電車に乗った。
行く先は『NOTT』。
燐を見れば、楽しそうに微笑んでいる。
周りの男からの目線から燐を守るように私は燐の前に立った。
…ほんと、燐を一人で行かせなくて良かった。

「…ココ?」

「そうだよ♪」

想像してたよりもデカイし、賑やかだし、華やかだし。
目立つって、コレ。
目立ち過ぎるって。

私の嫌いなジャンルだって事は確かだな。

「入るの?」

「当たり前だよー♪レンさん、いるかな♪」

レンさん?
あぁ、あの名刺くれた人か。
確かに名刺にレンって書いてあったな。
ホストって大変だ。客に名刺渡さなきゃいけないんだから。
色んな意味で感心する。

「さ、入るよー♪」

燐は楽しそうに私の手を引くと扉を開いた。

< 5/ 9 >