ケータイ小説 野いちご

銀髪姫と不良幹部

第四章
不良

パーティーの日から一週間が経った。


史音達は私の元へ来ていない。


あいつらがこない…。


という事は、まだバレていない。


…と思いたい。


夕凪依亜と榎本依亜は違いすぎる。


普通なら気づかないだろう。


だけどあいつらは普通じゃねぇから心配だ…。


不良の時点でもう普通じゃねぇけどな。


…ま、何とかなるか。



< 79/ 429 >