ケータイ小説 野いちご

【企画】魔法が醒めるとき

☆おまけ☆




「おかえりなさい、月美さん」


光に……。

ううん、正確には飛び立った飛行機に背を向けて歩き出した、あたしの前には東吾さんがいつものように優しく微笑んでいた。


「え? 東吾さん……車は?」


まさか、ここに居るとは思わなかった東吾さんが目の前に居て、焦ったあたしは慌てて濡れた頬を拭った。


それに気付いたのか、気付いていないのか


「あぁ、止めて来ました」


と、優しく話す。


「……そう。東吾さん、ありがとう」


あたしが背を向けた、一面ガラス張りの大きな窓を眺める東吾さんは


「朧月夜ですね」


と、指差した。


その方向へと視線をやると、さっき見た朧月夜が浮かんでいる。


「僕は朧月夜が好きなんです」


愛しそうに、空に浮かぶ月を見上げる横顔は、とても綺麗で。


「実際見た事なんてほとんどないんですが、偶然にも月美さんと一緒に見れましたね」


黙っていれば凛々しい顔を、クシャッと壊して笑う。


あたしは、その瞳を見つめる事が出来ない。


だってあたしは、ついさっきまで別の男の人を想って涙を流していたんだよ。

こんなに純粋な真っ直ぐな人の想いを、また裏切ってしまったんだ。





< 68/ 71 >