ケータイ小説 野いちご

【企画】魔法が醒めるとき

☆5☆




ガヤガヤと騒がしい会場は、暖かで楽しげで。

ここに居るあたしは、場違いだ。


「月美さん、どうしました?」


にこやかな表情で、あたしをエスコートする東吾さんに愛想笑いを返した。



あれから光の仕事が忙しく会えないまま、パーティの日を迎えてしまった。


もし会えてたら、あたしは何て言うつもりだったんだろう。


“あたしをどこかへ連れて行って”

なんて言うつもりだったんだろうか。


ドラマみたいな言葉を?

そんな事を考えたあたし自身が滑稽で笑える。



「娘の月美と、婚約者の東吾君です」


父が挨拶に回る後を、ただ散歩している犬のようについて行く、あたし達。

東吾さんは、その度に満面の笑みで挨拶を交わしていた。


「ほぉ、綺麗な娘さんですね」

「いやいや、我儘に育てたもんで手を焼いてますよ」


聞き飽きたお世辞と、聞き飽きた父の言葉。


そして必ず言うんだ。


「でも素敵な男性が、こんな娘を貰ってくれるって言うんで親としては一安心ですよ」


ほらね。


あたしの隣で照れ笑いしている東吾さんにすら、苛々してしまう。


一体、何度この会話を聞けば今日という日は終わるのだろう。





< 35/ 71 >