ケータイ小説 野いちご

【企画】魔法が醒めるとき

☆4☆





「ねぇ、光」


あれから、あたしは光の部屋のベッドの上で何度も体を重ねていた。



いけない、そうはわかっていても。


光の声を聞くだけで胸が苦しくなる。

光を思い出すだけで、胸が痛くなる。


光に会いたくて会いたくて仕方なくなってしまうんだ。


「ん?」

「もし夢が叶うとしたら何を願う?」

「夢?」

「そう。どんな夢でも叶うの」


寝転びながら、ブラインドをあげた部屋には月明かりだけ。


今日は綺麗な満月だ。

雲ひとつない空を見上げると、小さな星達が輝いていた。


「夢ねぇ~。月美がそんな事言うなんて意外だな」

「あ、また馬鹿にして! そんな夢のない男だと女の子に嫌われるわよ」


クスクス笑う光を睨みながら、頬を膨らませた。

あたしだって、たまには可愛らしい事を言ったりするんだからっ。


「例えば月美とか?」


なんて笑うのを止め、優しい顔で聞いてくるなんて……


「セコイ」


ちょっと怒ってみたのに。


そんな顔されたら、ドキドキして何も言えなくなる。

そっぽを向くあたしの髪に指を通し


「月美の夢は?」


と逆に質問されてしまった。



< 25/ 71 >