ケータイ小説 野いちご

【企画】魔法が醒めるとき

☆2☆



はぁー。

着信ナシ、か……。



あの日以来。

時間があれば携帯を確認してしまう、あたしが居る。


この間のホームパーティの帰りる間際に、光に聞かれたあたしの携帯番号。


別に気取ってるわけなんかじゃないけど、携帯の番号を初めてあった男の人に教えた事なんか今まで1度だってない。

それなのに光に番号を聞かれた時、むしろあたしは喜んでしまったくらいだった。


あたしから、かければいいのかもしれないけど……かけて来て欲しい。


それが正直な想い。




< 12/ 71 >