ケータイ小説 野いちご

バスケばかな私の彼氏♡

バスケ
本当の気持ち





私は、そのあと




百香に今日の事を話した





「そっか…………。




やっぱりまだ怖いよね?」





「うん……。颯太の事は、好きだし、裏切らないって分かるんだけど」





「ゆっくり、時間かけて考えな。



颯太もきっと待っててくれるよ」





「ありがとう。そうする。」





私は、百香の言うとおりゆっくり考えることにした。






< 91/ 193 >