ケータイ小説 野いちご

迷惑なイケメンに好かれました。

迷惑なイケメンに好かれました。
少しずつ、少しずつ。





「明らかに最近、芽依元気ないよね」




あれから一週間。

壁と市原くんは相変わらず仲が悪く言い争ってばかりだ。


そのせいで日に日にクラスの女子からの視線は冷たくなっていた。

もともと男子と話さない私は、もう千春としか話さなくなっていた。



その状況にいい加減苛立ちを押さえられなくなった千春が昼休み、屋上でメロンパンを食べようとしていた私に呟いた。





「え、芽依ちゃん?」

「柳瀬さん、何かあったの?」






……あんたたちが原因だし。しかもこの状況が更に悪化させてるんだっつーの。










< 58/ 457 >