ケータイ小説 野いちご

迷惑なイケメンに好かれました。

迷惑なイケメンに好かれました。
見物者、二人。






「何で、さっきから黙って着いてくるわけ?」





廊下を歩いて、屋上へと向かう階段の途中。

隠れてるつもりの彼に声をかける。





「バレてた?」


「バレバレ。教室のも見てたんでしょ?」


「助けようかとも思ったけど、芽依ちゃんがあまりにもカッコ良くて見惚れてたの」


「……意味不明」




振り返ると、てへっと笑う壁がいた。








< 115/ 457 >