ケータイ小説 野いちご

俺様boyのおとなりさん

二章
本当の恋

神崎さんは真剣な瞳で私を見つめてくる。

ほんとう……?信じてもいいの……?
だって私も好きだから。大好きだから……。

本当は違うよって言って欲しかった。
俺の彼女はお前には渡さないって。
そう言ってほしかった。

なのに
「もし万が一別れたとしてもおまえにだけはぜったいやらねえ。」

……今でも思い出すだけで泣きそうになる。
でもその言葉の裏側は本当に幸せな言葉だった。

< 41/ 45 >