ケータイ小説 野いちご

人知れず、夜泣き。

垂れる。





 -------引越しの次の日、木内がシゴトを休んだ。

 店長の話によると、風邪を引いたとの事。

 昨日、元気に酒まで飲んでおいて何やってんだ、木内。

 昼休み、木内に電話を掛ける。

 『・・・ハイ』

 電話の向こうから、木内の力ない声がした。

 「昨日、元気だったじゃん。 どうした、突然」

 『・・・風邪ってね、罹った翌々日に発症するんだってさ。 ・・・てゆーか、ごめん。 何気に橘くんに撒き散らしたかも、昨日』

 木内は余程しんどいのか、時折『はぁはぁ』と呼吸を乱していた。

 「オレ、そんな軟弱じゃないんで。 つーか、腹出して寝てたんじゃないの??」

 『引っ越すまでソファーで寝てたから・・・。 ・・・あのさ、ケンカ売るのは元気な時にしてくれないかな。 今日、無理』

 オレの話に全然乗ってきてくれない木内。

 ヤバイ。 木内の声、本気トーンだ。 まじで辛いヤツだ。

 つーか、振られたうえにソファーで寝かされてんなよ、木内。

 一応女のコだろうが。

 「熱、計った?? 医者には行った??」

 『体温計・・・買ってなくて。 お医者さんにはこれから行く』

 「オレ、早退するわ。 ちょっと待ってて。 医者連れてってやるから」

 だって木内、ケチ臭いからタクシーも使わずに歩いて行きそうだし。

 超心配。

 電話を切って木内を迎えに行こうとすると、

< 94/ 161 >