ケータイ小説 野いちご

神様町一丁目一番地【短編】

カブと僕。

今日、僕が捕まえたカブトムシの
カブが死んじゃった。




学校から帰ってきたらママが
「あら、カブ死んだみたいね。
随分と長生きしたわよね。」
って言うから慌ててカブを入れていた
虫かごを覗き込んだ。




カブは今朝、僕がいれてあげた
イチゴ味のゼリーを
抱え込んだまま、じっとしていた。
いつもの餌を食べるときの
様子と同じだった。
指でつんつんと突っついてみる。




動かなかった。




その途端、
僕は力一杯声を出して泣いたんだ。
ママがぎゅうって直ぐに
抱き締めてくれたけど
それでも僕は泣き止まなかった。
弟のあっくんは僕の泣く姿を見て笑ったけど、
かまうもんか。
もしかしたら
僕の大きな声に驚いて
カブが起きるんじゃないかって、
ビックリするんじゃないかって、
そう思ったから、
だから大きな大きな声で
泣いてみたんだ。
だけどーーー




カブが動くことはもうなかった。



< 1/ 11 >