ケータイ小説 野いちご

◇◆近距離恋愛◆◇

☆THE,入学式☆
隼人サイド


あ〜
何であんなこといっちまったんだろ…


ただたんに『一緒に帰りたい』って言えばいいことなのに



でもしょうがねーじゃん?ムカついたんだもん


だってあいつあんな浮かれてるから


亮也っつう男と楽しそうに話しやがって



俺の前じゃあんな風に笑わないのによッ



「ちょっとあんた!いい加減にしなさいよ?

あんなこと言って、亮也って奴に取られても知らないからね!

言っとくけどあたしはあんたの応援じゃなくて美海の応援するから♪」


さっきまで静かだった高橋が話し出す



それくらい分かってるけど


「どうしたらいいんだよ…」



< 41/ 275 >