ケータイ小説 野いちご

◇◆近距離恋愛◆◇

☆THE,入学式☆
隼人サイド


まじだっり〜な…



俺を囲む女ども
香水臭いし
甲高い声のおかげで耳が壊れそう


まじ、こおゆうのウザいから!


さっさと散れ!



「邪魔、退いてくんね?」



イライラしながらそんなことを言うと



「きゃ〜!かっこいい」



「クールなところも最高!」


って…
頭おかしいんじゃないの?


俺は集団を掻き分けながら逃げた



ふ〜
やっと助かった



一息ついたところで俺は体育館へ向かった


< 21/ 275 >