ケータイ小説 野いちご

そのギャップ、反則ですっ‼︎

学級委員という口実…以下省略大作戦‼︎




「彩〜、見て見て〜‼︎」




次の日、私は作戦内容を彩に見せた。




「桃香、もう大丈夫なの?」



「うん、これ考えていたらポジティブになれた‼︎」



「そっか。えっと…、『学級委員という口実で佐々木くんにアタック大作戦‼︎』…。
何このネーミングセンスのなさは…」



「そう?いい感じだと思ったんだけどなぁ〜。内容も見てね‼︎」



「いや、だいたい想像つくからいい…」




と言って、紙を返された。




「そんなによかった?」



「誰もよかったとは一言も言ってません。」




おっ‼︎出た‼︎



彩の…「ツンデレじゃないから。」





< 47/ 312 >