ケータイ小説 野いちご

絶対日記『REWRITE』

裏切り

9月11日。

誠は目を覚ますと、部屋の掛け時計を見た。時計の針は8時丁度を指している。

「元の世界に……戻ったんか……」

誠はゆっくりと起き上がると、眠たい目をこすって携帯電話を取った。

「もしかして……」

誠は麗菜の番号を押してみた。

「この番号は、現在使われておりません」

受話器越しに、そう聞こえてきた。

「そんなわけ…ないよな……」

誠は携帯電話を机の上に放り投げると、制服に着替えて学校に向かった。

「別の世界とは言え、死んだ麗菜に会えたんや…それだけでも嬉しいわ……」

学校に着くと、誠は自転車から降りた。

「……あかん!くよくよしても、終わったことは仕方ないやろ!」

誠は両手で頬をパンパンと2回叩くと、気持ちを切り替えた。教室に着くと、扉をガラガラと開けた。

「おはよー!」

「あ、おはよー、誠君」

誠の挨拶に、千里が答えた。

「あ、千里ちゃん、おはよ!あ、昨日さぁ、日記書き忘れちゃって……」

「えっ、大丈夫だった?」

「うん、別の世界に飛ばされただけやった」

「そっか。何か変わったことはなかった?」

「あ……う、うん、何もなかったよ」

一瞬、誠の頭の中に麗菜が横切ったが、話すのをやめた。

「よかった。次から気をつけてね」

そのとき、一つの考えが誠の頭を過ぎった

「なぁ、千里ちゃん」

「うん?」

「日記に、麗菜が生き返るって書いたらどうなるん?可能なん?」

生唾を飲み、千里の返事を待つ誠。

「……残念だけど、それだけはできないよ。私も、試したけど……無理だった」

< 64/ 203 >