ケータイ小説 野いちご

芸術的なカレシ

結婚?







「……で、相変わらずなわけだ、拓史も、あんたも」



その日、私は親友の明日香と駅前のカフェで待ち合わせていた。

明日香は先日アメリカから帰国したばかりで、私達が会うのは実に1年ぶり。
このカフェは大学時代からよく二人で(時には拓と三人で)通っていて、メニューが豊富なのにどれも平均以上に美味しいところが、気に入っている。
外装も内装も、インテリアもさっぱりしていて、癖がないところがまたいい。



「うん、ごめんね。
拓、今日は一緒に、ここに連れてくる予定だったんだけど……」


「ああ、わかってる、わかってる。
どうせ下らないけど譲れない、芸術家の用事でしょ」



そう言って笑う明日香は、少し太ったみたい。
やっぱりアメリカンな食事は人を太らせるのかしら。

まじまじと明日香の顔を眺めていると、


「瑞季、痩せたね 。
てか、やつれた?」

「ぶっ」


親友のキツい一言に、思わずコーヒーを吹きそうになる。



「苦労してるのね、あんたも。
結婚はまだなの?」


「ぶっっ」



さすが親友。
私と拓の両方を知っているから、遠慮がない。



「結婚、したいよ、私も」



つい、本音が出てしまう。








< 9/ 175 >