ケータイ小説 野いちご

【完】ハムちゃんが恋したキケンなヤンキー君。

過去の出来事






次の日。



緒方くんは、寝坊したせいか学校にいなくて。



朝のこの時間がチャンスだ!!



っということで、環ちゃんと、皐月ちゃんに話すことにした。







「私、緒方くんのこと、好きになってしまいました…」




そう言うと、目をまん丸にして驚くふたり。




「えっ?ちょ……。キミ子?」



「それ、ガチ?……なんであんなバカを?」





ふたりは、この世のものとは思えない出来事を見たような顔をしてる。



緒方くんのことを好きって、現実的には変なことなのだろうか?




「自分でも分からないの。
あんな怖いヤンキーに恋するなんて、思ってもみなくて。

でも……好きだと思う」





コンプレックスの塊の私を、好きと言ってくれた。


恋とか、そういう意味じゃないと思うけど、



私はすごく嬉しかった。



あの無邪気な笑顔が、たぶん好き。





< 97/ 418 >