ケータイ小説 野いちご

【完】ハムちゃんが恋したキケンなヤンキー君。

決めたこと




【海堂翼side】



今日もいつものように、校門でキミ子を待っていた。


だけど玄関からなかなか出てこなくて、やけに遅いなぁ〜なんて思ってると、キミ子がとぼとぼと歩いてくるのが目に写った。



「キミ子」



俺の声に顔を上げたキミ子は、俺に気付いて小走りで駆け寄ってくる。



「遅くなってごめん。日誌書いてて……」



「大丈夫。じゃ、帰るか」



日誌を書いてたなら仕方ない。

けど、それだけでこんなに遅くなるもんか?



別に遅くなったことは全然気にしてないけど、キミ子の元気がないから何かあったんじゃないかと思った。




帰り道を並んで歩いてる途中、俺はキミ子の顔を覗き込んだ。




「なんか今日、元気ない?」



「えっ…!?そ、そんなことないよ!」



俺が突然覗き込んだから、びっくりしたのかキミ子はテンパっている。


でも、明らかに元気がないのは確かだ。


ていうか、さっきまで泣いてた?




「嘘つきめ」



「なっ!なんで!?」



「分かりやすすぎ。顔に書いてある。……どうしたんだよ?」



俺がこう聞くと、いつも弱音を吐いてくれるキミ子なのに、今日はなかなか言い出そうとしない。



そんなに俺に、言いにくいことなのか?




< 376/ 418 >