ケータイ小説 野いちご

【完】ハムちゃんが恋したキケンなヤンキー君。

離れていく心




【坂下公子side】




あれから、私はどうやって家に帰ったかなんて覚えてなかった。



『別れよう』



緒方くんの言葉が、頭の中でこだまして。



呆然としていたら、緒方くんは離れていった。



……抱きしめてくれていたはずなのに……一瞬で緒方くんの温もりが消えた。



優しい口づけも、全て…全て……。


終わりを告げた。




私はひとり、涙を流してた。



私たちの関係は終わってしまった。



あの出来事が、全て夢ならばって何度願ったことだろう。



それでも現実は、現実で。




緒方くんが私の隣で、大好きなあの無邪気な笑顔を見せてくれることはなかった。




< 339/ 418 >