ケータイ小説 野いちご

【完】ハムちゃんが恋したキケンなヤンキー君。

気づいたこと





しばらくしてから、周りのみんなが動き出す。


私だけが、ずっとその場で時が止まってるみたいだった。





すると…



「キミ子ちゃん、なにがあったの!?」



この騒ぎに駆けつけた吉田くんたちが、やって来た。




「……あ…」





「キミ子!!」


環ちゃんと、皐月ちゃんも…。




みんなの顔を見ると、なぜかまた涙が溢れ出した。




「……うぅ。…どうしよう。
私のせいで、緒方くんがっ…!!」




「落ち着いて、キミ子ちゃん!
なにがあったのか、教えてくれる?」




震える私の肩に、そっと手を置いた吉田くん。


今朝、あんなヒドいことした私をせめることなく、吉田くんは優しい目で見つめてくれた。



そんな吉田くんたちに、私は深呼吸して落ち着いてから、全てを話し始めた。



< 203/ 418 >