ケータイ小説 野いちご

【完】ハムちゃんが恋したキケンなヤンキー君。

ヤンキーの怒り






教室へ行くと、吉田くんたちが黒板をキレイに消していてくれた。



必死に消してくれてる姿に、胸が苦しくなる。



もう二度と、そんなことさせない。





「あっ。キミ子おはよー!」


皐月ちゃんが笑って言ってくれた。




「……っ」


私は何も言わずに、目をそらす。


ごめんね、皐月ちゃん。





「……キミ子?」


環ちゃんが、首をかしげていた。





……ごめんなさい。


ごめんなさい。


私のことを嫌いになって。





「おい、ハム子!」



グイっと誰かに、後ろから引っ張られた。



「なんもされてねーか?大丈夫だったか?」



「あっ……!」



緒方くん。


私のことを心配してくれてるんだ。



でも、ごめんね。


大好きな人のために、強くならなきゃ。



グッと自分の手に力をいれる。




そしてその優しい手を、そっと振りほどいた。





< 194/ 418 >