ケータイ小説 野いちご

ゴリラママ

目覚まし時計
星空の時

野球をやってる空と海…


今日ゎちょいと時間があるから学校に車でお迎え
(*^^*)≡3


学校の校門前で車の中で待っていた私…


向こうから1人の眼鏡をかけてジャージを着た若い男の先生が…


???


助手席側の窓を開けた私…


「こんにちわぁ~
空クンと海クンですよね
(*^v^*)」


「はぁ~・・・」


あれ?


どっかで見たなぁ~?


!!!


「あ゛~!!!
この間…湯浅サンとウチの店に来ましたよねぇ~?」


ビックリする私に先生もビックリして…


「はい!この間、湯浅サンと一緒に行きましたぁ~!!!」


少しオーバーリアクションだった先生~『アキラクン』
(∩皿∩)))


「あん時
先生、眼鏡ナシでジャージじゃなかったけぇ~わからんかったわぁ~」


「スイマセン…」


イヤ…( ̄◇ ̄*)


謝るトコロじゃナイし…
(;X x)〃


「空クンと海クン…もう少しで来ると思いますが…
呼んで来ましょうか?」


「あ…
いや…大丈夫です(^^)」


< 45/ 78 >