ケータイ小説 野いちご

【一応 休】少しでも変わるのなら~この新撰組と共に~

出会い
処分

__________

……んっ


さっきより随分と楽になったな


あれから10分ぐらい寝ただけなのに……


あのクソ苦い薬が効いたんだ……


薫は起き上がり、布団を3つ折りにして重 ね部屋の端に寄せた。


「さてと。どうすっかな」


この部屋に居てもいいが、何となく部屋の 外に出てみた。



< 55/ 190 >